ルター式「述語動詞の全体像」 イメージ版&詳細版(pdfあり)

述語動詞の全体像(PowerPoint 1枚) イメージ版

ルターさん
ルターさん

2023/10/14 改定しました。

中学生の学習事項に仮定法過去が入りましたので、盛り込んであります。

FacebookでつながるイギリスのShokoさんのご指摘を受けて(感謝!)、
23:09 現在完了形の受動態を加筆。
動詞の原形のところを「have been 過去分詞  [すでに] ~されている…」に変更。
2023/10/15 8:54 加筆

ルターさん
ルターさん

イメージ版の方が使いやすいかもしれません。
左から右に進むイメージ。自信作です。

述語動詞の全体像(Word A4サイズ 4枚) 詳細版 

ルターさん
ルターさん

2023/10/14 詳細版をアップロードしました。
2023/10/15 20:55 訂正版。
力を込めて作りました。
使いこなせるかどうかは…、あなた次第です。
お役に立てれば幸いです。

時制の全体像

2023/09/27、時制を2枚加えました。

❶ 一般動詞を活用する

①【現在形】~する

I/You/We/They  work(働く)[wə́ːrk(ワァ~ァク)]do + 動詞の原形
三単現のs   He/She/It  works(働く)[wə́ːrk(ワァ~ァク)s()]does + 動詞の原形

※《時・条件の副詞節》[未来に]~するなら
When+sv「sがvする時に」、If+sv「もしsがvするなら」など

②【過去形】~した

規則変化(ed)  She  worked  (働いた)[wə́ːrk(ワァ~ァク)t(トゥ)]did + 動詞の原形
不規則変化      She  knew(知っていた)[njúː(ニュー)]did + 動詞の原形

★【仮定法過去】《今を仮想》If(もし)   he       knew [今]彼が知っていたら

❷ be(いる)を使う   get(なる)を併用

⑶ be(いる)+名詞・副詞・形容詞・前置詞句・不定詞(to do)

【現在形】
いる
ある
である
I am
He is
She is
It is
[əm(ァム)]

[iz(ィズ)]
You are
We are
They are
[ər(ァァ)]
【過去形】
いた
あった
だった
I was
He was
She was
It was
[wəz(ワァズ)]You were
We were
They were
[wər(ワァァ)]
★【仮定法過去】《今を仮想》
[今]~いたら
[今]~あったら
[今]~だったら
I were
He were
She were
It were
[wər(ワァァ)]You were
We were
They were
[wər(ワァァ)]
be動詞の【現在完了形】⑹
②《経験》  ()たことがある
           → 行ったことがある
③《状態の継続》[ずっと]いる
⑦ [さっきまで]いたんだ
I’ve been
He’s been
She’s been
It’s been
縮約形  has → ’s
[aivbin(アィヴビィン)]
[híːzbin(ヒィーズビィン)]
[ʃíːzbin(シィーズビィン)]
[itsbin(イツビィン)]
You’ve been
We’ve been
They’ve been
縮約形  have → ’ve

[juːvbin(ユーヴビィン)]
[wíːvbin(ウィーヴビィン)]
[ðéivbin(ぜェィヴビィン)]

※beの過去分詞はbeen

④【進行形】  be+~ing

現在分詞と組み合わせる(~ing)
❶《未来》[これから] ~する…
❷《進行》[その場で]~して…

【現在進行形】
❶ 《未来の予定》 [これから] ~するんだ
❷ 《その場の動作の進行》[その場で]~している
am/is/are + ~ing
【過去進行形】
[その場で]~していた
was/were + ~ing
【現在完了進行形】
《動作の継続》 [ずっと]~している
《臨場感のある完了》 [さっきまで]~していたんだ
have/has + been ~ing

I’ve been ~ing
He’s been ~ing
She’s been ~ing
It’s been ~ing
You’ve been ~ing
We’ve been ~ing
They’ve been ~ing

⑤【受動態】  be+過去分詞

過去分詞と組み合わせる(~ed、変化表3番目)
❶《受動》~されて…
❷《完了》[すでに]~して…

現在形の受動態am/is/are + 過去分詞~される、~されている
過去形の受動態was/were + 過去分詞~された、~されていた

❸ have(いる)を使う

⑥【完了形】  have+過去分詞  

過去分詞と組み合わせる(~ed、変化表3番目)
❶《受動》~されて…
❷《完了》[すでに]~して…

【現在完了形】
①《完了》 [すでに]~している
②《経験》 [今までに]~したことがある
③《状態の継続》 [ずっと]~している
※ 《時・条件の副詞節》
[未来に][すでに]~しているなら
have/has + 過去分詞
【現在完了形】 否定
④《未完了》[まだ]~してない
⑤《動作の未遂の継続》[ずっと]~してない
haven’t/hasn’t + 過去分詞
【過去完了形】
[すでに]~していた
★【仮定法過去完了】[過去に]~していたら
had + 過去分詞

❹ 動詞の原形を使う

⑦【命令文】~しなさい

Do that.しなさいDon’t do that.するな
Be kind.親切であれDon’t be afraid.恐れ[てい]るな

⑧ 助動詞+動詞の原形

動詞の原形で始まる1~3語
❶   一般動詞(1語)   ~する…
❷  be   ~いる…
❸  be ~ing 
  《未来》 [今後] ~する…
  《進行》 [その場で]~している…
❹  be+過去分詞 《受動》 ~される…
  have been+過去分詞  ~された…
❺  have+過去分詞
  《出来事》  [過去に]~した…
  《完了》    [すでに]~している…

❶ 話し手と聞き手の対話 《話し手の意志あり》❷ 話し手の判断 《意志なし》
I will do [じゃぁ]~しよう [きっと]~だろう
You could ~ [やろうと思えば]~できるありうる
You must ~~しなくてはならない~にちがいない

⑨ 助動詞の言い換え表現 【不定詞】to+動詞の原形を使う

❶ 話し手と聞き手の対話 《話し手の意志あり》❷ 話し手の判断 《意志なし》
I am going to do~するつもりだ [ゆくゆく] ~しそうだ
I am about to do[これから]  ~するところだ
You have to do~することになっている

1)助動詞は2方向 ※この2分類はQuirkを参考にしています

対話(現在時制)での【助動詞の過去形】は
❶ 〈丁寧さ〉 ❷ 〈仮想や実現度の低さ〉をあらわす

❶ 聞き手へ働きかける(外向きの助動詞)   

Will you ~?    「~する?」 (~してよ!) 〈命令〉
Would you ~?    「~してくれますか?」 〈依頼〉

You can ~  「できるよ」 〈許可〉
You could  「できますよ」〈丁寧な許可〉

may  「してよい」〈上から目線の許可〉
mustn’t  「してはいけない」〈禁止〉
must  「しなければならない」〈義務〉
should  「すべきだ」〈助言〉

❷ 話し手の判断(内向きの助動詞)  

can  できる〈能力〉
can’t  ありえない、できない
could  ありうる〈実現度低い〉 、
  (やろうと思えば)できる〈仮想〉
may  かもしれない
must  ちがいない
should  当然だ

全体像 述語動詞の形20230318②助動詞は2方向

2)制作意図「全体像は地図のようなもの」

太郎くん
太郎くん

情報量多くて、頭がクラクラするなぁ。

ルターさん
ルターさん

太郎くん、頭がクラクラしている様子ですが、全体像は「地図のようなもの」ですから、
今この場で覚えるということではないのです。
❶一般動詞と❷be動詞の区別をつけてほしいと思います。
例えば、学習者が「行きました」と英語で表現したいときに
「過去だから was」「行くは go」と考えて、wasとgoの2つを組み合わせたとしたら、

教員(授業者)がこの述語動詞の全体像を利用して、
「『行きました』は過去に『行った』ということですが、
 一般動詞の過去形(❶②)のwentですよ」と指し示すという使い方です。
❷be動詞の③wasは動詞の原形 go と直接接続しません
 日本語だと『行くだった』のような意味になってしまいます」と補足説明できます。

メイさん
メイさん

こんにちは、中学3年のメイです。
ほとんどが中学校の学習範囲ですね。
過去完了形が高校の学習範囲です。

ルターさん
ルターさん

そうです。中学生でも難しくないですよ。
表をじっくり見てもらえば
現在進行形でbe動詞を忘れるとか…、そういうことは起きなくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました